4月28日に人工知能科学センター研究セミナー(第115回CCSコロキウム・CS専攻コロキウム併催)を開催しました

人工知能科学センター 研究セミナー(第2回)

併催:第115回CCSコロキウム・CS専攻コロキウム
日時 2017年4月28日 10:00-11:00
場所 計算科学研究センター ワークショップ室

プログラム
(招待講演)
10:00-11:00 多次元データのための次元削減の高速化
藤原靖宏 博士(NTT SIC特別研究員, 大阪大学招聘准教授)

データベース技術やインターネット技術の進展に伴い,
大規模な多次元データが利用可能になりつつあります.
多次元データを有効に活用するにあたり,
その次元数を小さくする次元削減が重要になってきています.
次元削減を行うことにより多次元データに潜むクラスタ構造などを
明らかにすることが出来ます.
本講演では多次元データに対する次元削減手法として有名な
LLE (Locally Linear Embedding) の高速化について紹介します.
LLE は多次元データの低次元への非線形な埋め込みを各データに対する
近傍データによる線形回帰から行う手法です.
紹介する技術は既存の手法と比較して2300倍の高速化を確認しました.
本講演より多くの方がビッグデータの解析技術に興味を抱いて頂ければと思います.
なお,講演内容はトップ会議SIGMOD’17に採録済です.

第115回計算科学コロキウムを、4月28日(金)10:00~開催します。

一覧へ戻る