目的

筑波大学では、AIに関する先進的研究と教育を推進する体制を構築するために、2017年4月に人工知能科学センター(Center for Artificial Intelligence Research, C-AIR)を開設しました。本センターでは、筑波大学の特色の一つである学際性を活かして、学内の多様な分野の研究グループがセンターの活動に参画する体制となっています。

筑波大学内の関連する各研究センターや研究プロジェクトの分野横断的な研究ネットワーク形成において、本センターがAI研究を仲立ちとするハブ機能を担います。

とくに、「人を支援するAI」の関わる分野を開拓し、サイバニクス研究センターや国際統合睡眠医科学研究機構、計算科学研究センター、未来社会工学開発研究センター、Precision Medicine開発研究センターなどとの連携によって、基盤技術から実用・産業展開までのスパイラル形成をはかり、未来の超スマート社会の実現や新たな価値創造への貢献を目指します。

筑波大学人工知能科学センター

人工知能科学センターCenter for Artificial Intelligence Research(C-AIR)

グループ図

ビッグデータ活用拠点の構築

本学の特徴である学際性を活かし、各研究センターとの分野横断的な研究ネットワーク形成によってビッグデータ活用拠点を構築

スーパーコンピュータを活用したAI技術の開発

本学の計算科学研究センターとの連携により、AIにおいてスーパーコンピュータを活用した大規模処理技術を開発

つくばエリアを実証モデル都市とした応用

国立研究所、企業とのネットワーク形成により、つくばエリアを実証モデル都市とした社会応用研究の実践

AI・データ解析の新たな人材の育成

AI・データ解析の高度な知識を備えた上でそれを実応用に展開することができる新たな人材を育成。研究活動を通じて企業等の研究者を対象とした社会人教育を実施